航空留学の一番のメリットは学費の安さ。

航空留学メリット・デメリット

航空留学をするのか、国内フライトスクールで全てを学ぶかの判断基準は学費の安さにありますが、勿論メリット、デメリットも存在するためそれらに自分が合うかの見極めも必要な要素になります。

メリット

1.費用が安い

これは相場と言っても人それぞれ訓練にかける費用が違うため一概には表せませんが、日本で自家用免許を取得するのに500万かかるとすればアメリカでは150万程ですみます。
こちらから相場を確認できます。料金案内

2.毎日飛べる

天候は勿論のことアメリカのフライトスクールは空港内に宿泊施設を設けていることがほとんどで、毎日通う必要がなく訓練の質も向上してきます。
この毎日飛べるというのはかなり重要な要素で日本で1年かけて飛ぶ訓練時間を1週間で達成できます。
また天候が年間を通じて安定しているのも質の高い訓練が出来る理由の一つです。

3.英語に慣れる

日本の航空管制の英語を聞いてて思うのは、ただ文を読んでるにすぎず、それなら英語じゃなくていいだろうと思うことが多々ありますが、将来パイロットとして働くことを考えるのであれば本場のATCを聞いて慣れることをオススメします。

デメリット

1.語学力で挫折することがある

まずほぼ全ての訓練生がここで壁にぶつかります。
しかし飛行機が壁にぶつかると大惨事ですが、勉強で壁にぶつかるのはやり直しがききます。

2.環境になじめない

カリフォルニアは真夏で最高気温50度近くあがることがあります。
天候の他食事が合わないこともありますが、弊社提携スクールは日本食も完備しています。

3.試験が全て英語

勿論のことですが、航空業界で働くうえで英語は欠かせません。
筆記、口頭、実技全てが英語です。

メリット・デメリットを書きましたが、忘れて欲しくないのは訓練する国がアメリカということです。

これだけ割り切れば何も怖いことはありません。
不安や心配事は誰でもあるものです。皆さんが安全にそして集中できるよう弊社が全力でサポートをさせて頂きます。
しない理由を見つけるのではなく、するためにどう行動するかが重要になってきます。
また、弊社で紹介するスクールは教官が日本人のため心配はいりません。試験官はアメリカ人のため最低限の語学力は必要ですが、現地で弊社で基礎英語を教えます。
航空留学は様々な経験が出来るのは勿論のことアメリカで航空関連に携わっている人に出会えることはこれから航空業界で働く人にとって素晴らしい経験になることでしょう。
友だち追加
LINEで気軽に相談できます。

PAGE TOP