広大な大陸で学ぶ。

オーストラリアへのパイロット留学

オーストラリアへのパイロット留学

パイロット留学でオーストラリアは耳にしない方も多いと思いますが、実はオーストラリア他の国と同様「航空先進国」でもあります。広大な面積を誇り、大小様々な島も有するオーストラリアでも飛行機はなくてはならない存在であり、「航空医療」などに関しても先進的な国の一つです。
東西南北に広大な面積を誇るオーストラリア大陸は島国でありながら大陸という名前が着くほど広い国土を有しており、その周辺には実に多くの島国が存在します。そんなオーストラリアの政治、経済、生活を支えるのに航空機は必要不可欠で、切っても切り離せない関係にあります。

他国と同様にオーストラリアもICAO基準に則り操縦ライセンスの規定がなされているためオーストラリアで取得した操縦免許を他国へ切り替えることも可能です。

Twitterフォローもお願いします☆@FLIGHTTIME9

もしパイロット留学でオーストラリアを選んだ際はその広大な国土と自然豊かな景色を上空から楽しむことをおすすめします。

オーストラリアは冬夏逆??!!!

オーストラリアといえばカンガルーにコアラにと思い浮かべるかもしれませんが、オーストラリアは南半球に位置するため日本やカナダと季節が真逆になります。
カナダやアメリカが冬で雨や雲が多く訓練ができない季節はオーストラリアでも訓練が可能!年間を通じて訓練を行いたい方にはもってこいの環境です。またオーストラリアは国土は広大で様々な環境が存在するため異なった環境下での訓練も技術向上に役立ってくれます。
またオーストラリアのフライトスクールも高い訓練基準を設けているため他の国同様に高い操縦技術がつくことでしょう。
また、日本との時差が1時間しかないため時差ぼけや日本の家族、恋人に連絡する際も時間を気にしなくていいというメリットもあります。
パイロット留学には日本だけではなく様々な国から訪れるほどパイロット留学では人気の高い国でもあるのです。


オーストラリアは多くの美しい都市があることからも観光客にも人気の国であり、訓練の合間に家族を呼び、観光する方もいます。自家用免許さえ取得しておけばシドニーの美しい街並みを遊覧飛行だって可能!
フライトするには最高の環境である各国では毎年数え切れない程のパイロットが世界各国から訪れ、高い技術を習得した後は世界の空で活躍していきます。

オーストラリアはその国土の広さから至る所に飛行場や、飛行機が離着陸可能な施設が設けられています。そんなオーストラリアは他国にないパイロットとしての仕事も多々あることで有名です。
他の国と同様にオーストラリアでもブッシュパイロットとしての職種は多く国土面積が広大なことからも容易に想像できると思いますがオーストラリアへパイロット留学の際はそれらの国特有の事情や特色を見ていくのも今後パイロットとして活躍するするうえでとても役にたつことでしょう。

オーストラリアフライトスクール参考価格

弊社提携フライトスクールパイロット留学生向け参考価格
*入校者(入校料支払い済み)で受け入れ先が決まった方のみ留学先フライトスクール詳細をお知らせ致します。問い合わせ段階でのフライトスクール の紹介はしておりません。これは各提携フライトスクールとの取り決めのためご了承下さい。

ライセンス種類 訓練期間(目安) 費用(オーストラリアドル) 日本円換算(*為替変動あり)
自家用免許(Private Pilot License) 3〜6ヶ月*訓練頻度によって異なる $29000(オーストラリアドル) 約2,350,000円
事業用免許(Commercial Pilot License) 6〜1年*訓練頻度によって異なる $35000(オーストラリアドル) 約2,800,000円
夜間有視界飛行証明(Night VFR Rating) 1〜2ヶ月*訓練頻度によって異なる $7000(オーストラリアドル) 約560,000円
多発免許(Multi Engine Endorsement) 1ヶ月*訓練頻度によって異なる $5000(オーストラリアドル) 約400,000円

オーストラリアは他国と違いライセンスの種類や呼び方に若干の違いがあり、一概にICAO加盟国と一緒ではありません。また他国同様に上記価格は基本価格で追加訓練は必須となってきます。
詳細な価格は個別説明にてご説明させて頂きますので遠慮なくお問い合わせ下さい。
LINEからでもお問い合わせは受け付けております。

注意)各国においてビザの規定や滞在期間には制限がある場合があります。
宿泊費等実費が発生します。

新型コロナウイルスにおけるオーストラリア入国状況

今現在オーストラリアはいかなる国からの入国も許可しておりません。一部情報でオーストラリアへのパイロット留学対象者は条件が整えば入国が可能とのことですが詳細はつかめておりません。
またニュージーランドからオーストラリアへの入国は一部緩和されてきていますがニュージーランド国籍者に限定されるため日本人がニュージーランド経由でオーストラリアへ入国することはできません。
またオーストラリアはマスク1枚価格が約$5(日本円換算380円〜400円)程と高いため、入国規制が緩和された場合は必ず多めのマスク持参をお願いします。

航空留学のこと飛行機のことなんでもお気軽にお問い合わせください!

友だち追加

なんでもお気軽に!
まずはLINEから!

PAGE TOP