天気を気にせずフライトに集中。

なぜカリフォルニアなのか。

世界各地に多種多様なフライトスクールがありますが、その中でもカリフォルニア州は群を抜いて数が多いとも言えます。
その理由の大きな要素が「天候」。年間を通じて温暖で過ごしやすい環境というのは少しばかり語弊があり、あまり適切ではありませんが、雨季の時期を覗いて晴れの確立が非常に高いためフライトスクールでは非常に重要な要素となってきます。
カナダ、フロリダ、グアム、ハワイなど世界には実に多くのフライトスクールがありますが、30日滞在していてフライト回数が10回と20回では飛行時間だけでなく技術にも大きな差がつくのは明白で、日本のフライトスクールでは毎日飛んで短期間で取得するのを忌み嫌う風潮がありますが、操縦技術の向上と費用対効果を考えれば毎日飛べたほうが明らかに有利です。勿論天候の理由で飛べないのは仕方ありませんが、それでも滞在費はかさみます。
そんな中で効率よく訓練するのにカリフォルニアの天候はうってつけです。
しかしそんなカリフォルニアでも地域によっては夏場でも雲の多くでるエリアや、季節の変わり目に風が強い場所などがあることから拠点の空港から少し離れた場所などで訓練することも多々あります。なにせ広い国土のアメリカです。少し飛ぶだけで天候や環境が違うなどよくあることで、それもまた短期間でより良い技術の習得に役立つことでしょう。

PAGE TOP