そもそもの業務内容

このサイトで、パイロット留学や整備士留学について色々書いてきましたが、そもそも弊社が一体全体どういうお仕事をするかという説明が抜けていたようなので書かしてもらいます。
近日中に固定ページとして新しいページも作りますが、ひとまず説明をさせて頂きます。ここでもパイロットに焦点をあてて書いていきますのであしからず。

パイロットになりたい!!

と、皆さんが思い立った時どこに相談するでしょうか。誰に相談するでしょうか。最近ではネットは勿論雑誌でも様々な情報があふれていますが、それらはそもそも重要な情報や、小さくても意外に大事な情報が抜けていたりします。
パイロットになるには実に多くの方法がありますが、弊社では特にアメリカにてパイロットになるべく語学、操縦技術を磨いてもらうため一人一人にあったベストなプランをコーディネートします。
パイロットとしてその後どのような職につくのか、どんな業界で働くかなどをもとに訓練の内容や訓練にかける期間、費用を算出し無駄のでない訓練をアドバイスし、渡米前に必要な手続きや準備のお手伝いをします。
日本のフライトスクールに入れば最初に入学金やなんやで結構支払うことになりますが、弊社はあくまで斡旋や紹介、サポートなので入学金などは発生しません。

どこに泊まるのか

そもそも通常の留学と違いホストファミリーがいるわけではないので、語学留学などとは少し違います。
パイロット留学は飛行機が主体のため、ほとんどの寝泊まりを格納庫でします。
勿論部屋はちゃんとあるためプライバシーは守られますし、自衛隊みたいに朝決まった時間に起きるなどの必要もありません。
格納庫に泊まる・・・・。と聞くと嫌に思う方がいるかもしれませんが、24時間飛行機のある環境で生活をすることで、自然と飛行機に詳しくなったり調べたい時にすぐ飛行機を見れるというメリットがあります。
フライトスクールによっては別にゲストハウスなどが用意されていることがありますし、女性の場合は格納庫以外の場所を用意してくれますので安心です。
このように宿泊場所の手配やフライトスクールとの調整を弊社で行います。

訓練期間は?

取得する免許や勉強内容によって訓練期間はことなります。
3か月間する人もいれば1年かけてみっちりする人など様々です。
予算や生活事情にあわせて訓練の進捗もかわるため事前の打ち合わせでそれぞれにあった訓練を提案するのも弊社の大事な務めです。
フライトスクールによっては色々なライセンスを取得させようとするとこもありますが、何が必要で何が不要かなどのプランも大事です。

費用は?

今までに何度も書いてきた内容ですが、これだけは一概に言えないので訓練内容や期間に応じて概算をお見積りします。

ついに梅雨明け!!

西日本で梅雨明けが発表され数日前までの雨が嘘のような晴天続き。
青空が心地いい日がこれから続きますが、熱中症にはご注意ください。

カリフォルニアに梅雨はない??!!

梅雨とは日本だけの呼び方らしく、カリフォルニアには梅雨ではなく「雨季」があります。これは雨季という定義をアメリカの気象庁が定義してるのかは定かではありませんが、カリフォルニアでだいたい12月~2月いっぱいは雨が降ります。
それでも晴れの日は場所によって25度近く気温があがることもありますし、地域によってめったなことに雨が降らない所もあります。
だからこそパイロット留学やフライト訓練にはうってつけの環境だとも言えますし、住んでみて雨が降らないのは案外気にならないことがほとんどでした。

柱の雨が降る!!

梅雨がなくても真夏に雨が降ることがあります。
特に日中最高気温が40度を超える砂漠では昼間にできた積乱雲の影響で夜に雨が降ったり、日中でも雨が降ることがあります。
しかもその雨は直径数百メートル以上の柱の雨が降ることがあり、初めて見たときはすべてのものが大きいアメリカですが、雨に降り方もスケールがでかいと感じました。
それを上空で見たときは(突然出くわしてしまった)命の危機を感じるほどでした・・・。

雄大な自然を体験できる!!

そんなこんなのビッグスケールのアメリカですが、アメリカにパイロット留学するからこそ体験できるものであり、日本でまず体験できない貴重なな訓練ができるでしょう。
日本も色々経験を積むことはできますが、せっかくならアメリカにパイロット留学している間にアメリカでしかできない経験を積んで、自信をつけるのもいいでしょう。

Randy Works.Co

パイロット留学で大事こと

教官との電話。

先日アメリカのフライトスクールの教官と電話会議をしていながら世間話程度の話で色々と意見をもらえました。意見と言っても私にではなくこれからパイロット留学を考えている学生向けにです。

計画立案は自分でしてほしい

「自分はどのくらいでライセンス取得できますか?」
「2か月で必要ライセンス全て取れますか?」
「就職航空会社はどこがオススメですか?」
など色々聞かれるそうですが、教官はあくまで学生を安全に飛行訓練させ取得までをサポートする存在にすぎません。
どのくらいの期間で取得できるか、期間内で出来るかなどは教官からしてみれば「アナタ次第です」としか言いようがありません。
聞きたくなる気持ちも理解できますし、気持ちも高ぶっていて色々想像が膨らむのもよく分かります。実際私もそうでした。
しかし前回書いた記事同様に先のことを決めるのは自分次第。
いろいろ聞きたいのは分かりますが、決めてもらうのではなくアドバイスをもらうぐらいが気が楽になるかもしれません。
いつ渡米して、予算をどのくらいで、このライセンス・・・・・。
これらの計画立案はまず自分でして、計画実行中に修正を加えるなどして将来のビジョンも決めていけばいいです。
人により50時間でプライベートが取得できる人もいれば60時間の人もいますが、これは一概に優秀だから早いどうのではなく、その時の状況などによっても変わるため慌てず、自分にあったプランを組み立てていきましょう。
もし自分にあったプランを考えるのがうまくいかない方も一度ご相談下さい。

Randy Works.Co

出張ウィーク

先週はほぼ一週間関東に出張をしていました。

ためている専門用語集の記事もアップしないといけませんが、久々の東京出張で気づいたことが・・・。

それは時間とお金の流れが地方に比べ遥かに合理的で速いです!!

日本の中心でもある東京は世界経済の中心でもあり、人種性別問わず多くの方々が活躍しています。

そんな東京でニューヨークキャラメルを土産に買いながらふと決意したのが・・・

7月より東京に事務所を構えることに決めました。パイロット留学のサポートをするうえで日本全国から人が集まり効率的に説明会を開くことを考えればこの決意は当然ではありますが、当面のスポンサー企業も見つかりましたので今後の展開もスムースにいくのではと考えています。

パイロット留学のサポートをするうえで他にないサービスや信頼性を構築するために経済の中心で活動を開始しますが、年内に2回ほど無料説明会を開催する予定ですので、パイロット留学したい方やアメリカで整備士資格取得したい、アメリカで航空機関連の仕事に携わりたい方はぜひお越しください。

Randy Works.Co

パイロット留学の心得

パイロット留学の心得

先日このような質問をされました。

「アメリカにパイロット留学したいと考えています。今の仕事を辞めてどこか日本のフライトスクールへ入り1年ほど勉強してから渡米を考えてますが、いつ頃がいいでしょうか」

回答

「今がベストです。ある程度貯えがありパイロットになりたいのであれば早いにこしたことはありません。ましてや日本で1年勉強してもフライトがまともに出来なければ勉強にもなりませんし、1年分の訓練を1週間でできるアメリカに比べれば時間とお金の無駄です。アメリカに今のタイミングで行き、ライセンスを取得してから日本のフライトスクールを慎重に選ぶべきでしょう。初めに日本のフライトスクールに入れば自由が利かなくなり結果としてチャンスを逃します。」

すこし厳しい言い方ですが、事実なので仕方ありません。

多くの方が日本のフライトスクールに入れば就職まで面倒見てくれると勘違いしていますが、最終的に自力で就職するしかありません。

よって日本で時間と費用を費やすのならまずアメリカでライセンスを取得してからでも問題ないため、まず渡米することを勧めました。

費用面などで心配なとこもあるでしょうが、まずはライセンスを早く取得することが大切です。

どんな質問でもいいので受け付けております。

また近日中にQ&Aコーナーを設ける予定ですので見ていただければいろいろわかるかと思います。

Randy Works.Co

パイロットになるには。

一番大事なことを書いてなかったようなので、平成最後の更新に書かせてもらいます。

パイロットになるには??

よく質問されることです。

自衛隊に入る。

航空会社に入社する。

自費でとる。

アメリカなどの海外でとる。

まだまだありますが、今回はベーシックな取得方法をいくつかご紹介します。

一つ目は航空学生

海上及び航空自衛隊で最も一般的とされているパイロットになる道です。

部隊配属までの期間を含めると6年間訓練に励みます。

航空学生はとても狭き門で、合格しても続かない、センスはあるが合格しないなど様々な事情を聞いてきました。また途中で辞めてアメリカへ航空留学した方も多く見ています。

二つ目は防衛大学校及び一般幹部候補生

これも自衛隊になりますが、一般から中途で入れる幹部候補生はパイロット免許を既に取得している人もいます。

詳細は防衛相HPで確認してください。

そして自衛隊以外では、、、

航空大学校

民間の独立行政法人でかなり狭き門ですが、エアラインなどの就職率はトップクラスでしょう。

学費ももしかしたらトップクラスかもしれません

航空大学校は授業料が安いのが魅力的ですが、狭き門です。

航空会社養成

最初から養成することはなくても中途や、ある程度のライセンスホルダーには採用後に自社養成をしていますが、かなりハードルが高くパイロットとして働けるまでにかなりの期間を費やします。

専門大学や専門学校

様々な学校があります。

最近ではそういった学校が教育課程の中で渡米させてライセンスを取得させるとこもあります。

日本国内で全ての訓練をするより早くライセンス取得出来たりするので将来パイロットとして働くなら専門系の学校もいいかもしれません。

民間フライトスクール

ごくごく一般的なのがやはりフライトスクールでしょう。

私の知人でも多くの方がフライトスクール卒業後にエアラインなどへ就職していますが、フライトスクールのメリットは年齢があまり関係ないことや自由度が高いことが言えます。

ほんとにザッと流しましたが、要は自分がパイロットとして働くのか、趣味として免許を取るのかです。

実際パイロットとして働く場合の就職先は様々で、もともと畑違いの職の人がパイロットとして活躍することも少なくありませんし、あえて第2の人生としてある程度社会経験を積んでからパイロット免許を取得する人もいます。

パイロットになるために留学したい方も、将来パイロットになりたいがどんな道があるか分からない方もお気軽にお問合せ下さい。

Randy Works.Co

 

お知らせ

9月本格展開を予定しており、目下プランの構築やサポート内容の充実を図るため日々勤しんでいますが、まだまだ全てのアップロードが完璧でないため分かりずらいとこや、間違いがあるかもしれません。

気になった点はお気軽にお問合せ下さい。

さて平成も残すとこあとわずか!!

パイロット目指して頑張りましょう!!

Randy Works.Co

9月までの割引キャンペーン

5月1日より9月いっぱいまでの割引キャンペーンを始めます!!

最低でも$500=55,000円相当の割引や、最大で80万円の割引!!

詳しくはコチラ

アメリカへパイロットライセンスをする際に価格のメリットを活かしつつ更なる割引が可能です。

安い訓練費が更に安いということは他の訓練や日本での訓練にも効果的です!

お気軽にお問合せ下さい。

Randy Works.Co

航空留学注意点

意外な落とし穴??!!

アメリカの訓練費用は安い!!

それは今までにもメリットとして話してきましたが、いい話には裏があることも忘れてはいけません。

価格だけにつられてフライトスクールに申し込むと思いもよらぬ出費が発生することも・・・。

入校費用(入学)

日本でもこれはたくさん存在します。

相手がフライトスクールといっても基本的に学校法人でもなければ教育機関ではありません。

しかしながら何かに理由をつけて入校費用を先払いで請求してくるとこがあります。

勿論それが訓練費であればある程度の先払いは必要ですが、ここで注意しないといけないのが、教材費、教官費、施設使用料、フライトシュミレーター15時間分、座学講義費用などなど見た目は盛りだくさんなサービスになっていますが、飛行訓練に教官費用は含まれてますし、教材だって自分で買えば済むわけで、色々と疑問が生まれてきます。*日本を例にあげました。

例を挙げればきりがありませんが、フライトスクールに入る場合はそのお金がどう使われて、返金の有無はどうかも含めて事前に確認をしましょう。

アメリカに航空留学する際も同様のパターンとして自家用訓練に最低限必要な40時間を終えて、そろそろ試験を受けたいとなった時、一度そこで精算されます。

そして次にチケットを買わされます・・・・・。

さぁ怪しい匂いがしてきました。

そのチケットは例えば$180×10時間=$1800としたとき、5時間しか使わずに試験に合格したとしましょう。

すると残り5時間を次の事業用訓練に繰り越して使おうとすると、それは出来ないと言われます。

理由としては、前回の10時間は自家用の訓練で買った分だから事業用では使えないと。

しかし時間単価は基本飛行機で決まるため$180のままです。

結果として無駄な出費が増えてきます・・・・。

アメリカで訓練するのは費用が安いからと安心してはいけません!

勿論のこと入校費用を取ってちゃんとした運営をしているとこもたくさんあります。

むしろちゃんとしたとこが多いです。

しかしながらフライトスクールも売りて市場になりつつある中でごく一部のフライトスクールが詐欺まがいなことをするので事前に確認をしていきましょう。

もし気になるフライトスクールがあれば弊社で確認や交渉を行うことが出来るためお気軽にお問合せ下さい。

Randy Works.Co

 

アメリカでパイロットライセンスを取得する

アメリカにはとにもかくにもフライトスクールがたくさんありますが、中には中国人や韓国人向けのフライトスクールもあれば日本人向けのスクールまで様々です。

勿論訓練は原則として英語ですが、日本人のしているスクールは座学や普段の訓練を日本語で行えるというメリットもあります。

腕を試したいのならアメリカ人のしているフライトスクールで訓練するのもありかもしれません。

ただ皆さん気になるのは航空留学をした際の時間単価のことだと思います。

平均として$160~$200が時間単価の相場と考えてもいいでしょうが、これはセスナ172を基準にしており、セスナ150になればもう少し安くなりますが、先日話したクロカンの条件を満たしたり、飛行時間と1レグの距離を稼いだりとトータル面ではセスナ172を使用することをオススメします。

勿論パイパーチェロキーなどを使用しているフライトスクールもあります。

アメリカへ航空留学する際の個人的なメリットとしては、色々な飛行機を操縦できるとこだと思います。

時間や予算に少し余裕があるのであれば経験にもう1機種に3時間ぐらい乗ってきていいかもしれません。

航空留学はただライセンスを取得するというより、日本ではなかなかできない経験を積極的に出来る大変貴重な経験だと思います。

せっかくアメリカという恵まれた環境でパイロットライセンスを取得するのであれば他ではできない経験をしてみましょう。

Randy Works.co