そもそもの業務内容

このサイトで、パイロット留学や整備士留学について色々書いてきましたが、そもそも弊社が一体全体どういうお仕事をするかという説明が抜けていたようなので書かしてもらいます。
近日中に固定ページとして新しいページも作りますが、ひとまず説明をさせて頂きます。ここでもパイロットに焦点をあてて書いていきますのであしからず。

パイロットになりたい!!

と、皆さんが思い立った時どこに相談するでしょうか。誰に相談するでしょうか。最近ではネットは勿論雑誌でも様々な情報があふれていますが、それらはそもそも重要な情報や、小さくても意外に大事な情報が抜けていたりします。
パイロットになるには実に多くの方法がありますが、弊社では特にアメリカにてパイロットになるべく語学、操縦技術を磨いてもらうため一人一人にあったベストなプランをコーディネートします。
パイロットとしてその後どのような職につくのか、どんな業界で働くかなどをもとに訓練の内容や訓練にかける期間、費用を算出し無駄のでない訓練をアドバイスし、渡米前に必要な手続きや準備のお手伝いをします。
日本のフライトスクールに入れば最初に入学金やなんやで結構支払うことになりますが、弊社はあくまで斡旋や紹介、サポートなので入学金などは発生しません。

どこに泊まるのか

そもそも通常の留学と違いホストファミリーがいるわけではないので、語学留学などとは少し違います。
パイロット留学は飛行機が主体のため、ほとんどの寝泊まりを格納庫でします。
勿論部屋はちゃんとあるためプライバシーは守られますし、自衛隊みたいに朝決まった時間に起きるなどの必要もありません。
格納庫に泊まる・・・・。と聞くと嫌に思う方がいるかもしれませんが、24時間飛行機のある環境で生活をすることで、自然と飛行機に詳しくなったり調べたい時にすぐ飛行機を見れるというメリットがあります。
フライトスクールによっては別にゲストハウスなどが用意されていることがありますし、女性の場合は格納庫以外の場所を用意してくれますので安心です。
このように宿泊場所の手配やフライトスクールとの調整を弊社で行います。

訓練期間は?

取得する免許や勉強内容によって訓練期間はことなります。
3か月間する人もいれば1年かけてみっちりする人など様々です。
予算や生活事情にあわせて訓練の進捗もかわるため事前の打ち合わせでそれぞれにあった訓練を提案するのも弊社の大事な務めです。
フライトスクールによっては色々なライセンスを取得させようとするとこもありますが、何が必要で何が不要かなどのプランも大事です。

費用は?

今までに何度も書いてきた内容ですが、これだけは一概に言えないので訓練内容や期間に応じて概算をお見積りします。

ついに梅雨明け!!

西日本で梅雨明けが発表され数日前までの雨が嘘のような晴天続き。
青空が心地いい日がこれから続きますが、熱中症にはご注意ください。

カリフォルニアに梅雨はない??!!

梅雨とは日本だけの呼び方らしく、カリフォルニアには梅雨ではなく「雨季」があります。これは雨季という定義をアメリカの気象庁が定義してるのかは定かではありませんが、カリフォルニアでだいたい12月~2月いっぱいは雨が降ります。
それでも晴れの日は場所によって25度近く気温があがることもありますし、地域によってめったなことに雨が降らない所もあります。
だからこそパイロット留学やフライト訓練にはうってつけの環境だとも言えますし、住んでみて雨が降らないのは案外気にならないことがほとんどでした。

柱の雨が降る!!

梅雨がなくても真夏に雨が降ることがあります。
特に日中最高気温が40度を超える砂漠では昼間にできた積乱雲の影響で夜に雨が降ったり、日中でも雨が降ることがあります。
しかもその雨は直径数百メートル以上の柱の雨が降ることがあり、初めて見たときはすべてのものが大きいアメリカですが、雨に降り方もスケールがでかいと感じました。
それを上空で見たときは(突然出くわしてしまった)命の危機を感じるほどでした・・・。

雄大な自然を体験できる!!

そんなこんなのビッグスケールのアメリカですが、アメリカにパイロット留学するからこそ体験できるものであり、日本でまず体験できない貴重なな訓練ができるでしょう。
日本も色々経験を積むことはできますが、せっかくならアメリカにパイロット留学している間にアメリカでしかできない経験を積んで、自信をつけるのもいいでしょう。

Randy Works.Co

飛行機の世界と模型のつながり

パイロットや整備士になりたいと考える皆さんは、きっかけはなんでしょうか。
親の影響や、知人、TVなど色々ありますが、飛行機が好きで飛行機模型を作るうちに「もっと知りたい!!」「自分で飛ばしたい!!」「自分で整備したい!!」というかたも多いのが現実です。

模型のメリット

今までの正直な意見として、飛行機模型をしている人はパイロット免許や整備士免許を取得する際のアドバンテージは確実にあります。
例えば、説明書に書かれている構造や解説は簡素でありながら要点を得ていますし、なにより作りながらその構造を知ることができます。
またパイロットや整備士になるうえで1機種でも多くの種類を知っているということは非常に重要ですし、ここ最近のパイロットや整備士はあまりに飛行機を知らなさすぎると思います。
「こんな飛行機整備しないし」
「この飛行機操縦することないし」
などよく聞きますが、そんなの・・・・・・・・・言葉を慎んでおきましょう。

知らないより知っているが有利

極々当たり前のことですが、知らない人が多すぎます。
私と同時期に訓練していた方は未だに零戦が現役だとか、現代の戦闘機や技術というものを何も知識がなく、これからパイロットになろうという人がなぜこんなに興味をもたないのかが不思議でした。
プロになるということはそういう事だと思います。

飛行機を知る!!

まずはここから!!
パイロット留学をする際に大事なことは色々ありますが、日本で少し準備しておくことがあるのなら、もっともっと飛行機の雑誌や模型雑誌を見てみましょう。
必ず知識が身に付きます。

Randy Works.Co

パイロット留学で大事こと

教官との電話。

先日アメリカのフライトスクールの教官と電話会議をしていながら世間話程度の話で色々と意見をもらえました。意見と言っても私にではなくこれからパイロット留学を考えている学生向けにです。

計画立案は自分でしてほしい

「自分はどのくらいでライセンス取得できますか?」
「2か月で必要ライセンス全て取れますか?」
「就職航空会社はどこがオススメですか?」
など色々聞かれるそうですが、教官はあくまで学生を安全に飛行訓練させ取得までをサポートする存在にすぎません。
どのくらいの期間で取得できるか、期間内で出来るかなどは教官からしてみれば「アナタ次第です」としか言いようがありません。
聞きたくなる気持ちも理解できますし、気持ちも高ぶっていて色々想像が膨らむのもよく分かります。実際私もそうでした。
しかし前回書いた記事同様に先のことを決めるのは自分次第。
いろいろ聞きたいのは分かりますが、決めてもらうのではなくアドバイスをもらうぐらいが気が楽になるかもしれません。
いつ渡米して、予算をどのくらいで、このライセンス・・・・・。
これらの計画立案はまず自分でして、計画実行中に修正を加えるなどして将来のビジョンも決めていけばいいです。
人により50時間でプライベートが取得できる人もいれば60時間の人もいますが、これは一概に優秀だから早いどうのではなく、その時の状況などによっても変わるため慌てず、自分にあったプランを組み立てていきましょう。
もし自分にあったプランを考えるのがうまくいかない方も一度ご相談下さい。

Randy Works.Co

パイロット留学と学費

ここ最近、パイロット留学にかかる費用(学費)などについて書いてきましたが、日本国内フライトスクールで入学費や事務手数料をもらうところがあります。
しかし国内でのフライトスクール選びはアメリカ滞在時に決めても遅くはありません。
なぜなら自分にあった訓練期間や方式、費用といったことを考えれば必ずしもすべての国内フライトスクールが合うとは言えませんし。
これはアメリカでのフライトスクールにも言えますが、日本のフライトスクールは実際問題として航空機使用事業という許可を航空局からもらわず、いわば白タク運行でフライトスクールをしているところが実に多くあります。

まずは確認を!!

皆さんが日本のフライトスクールを選ぶ際に一番の基準として、航空機使用事業を得ているか、入学費や事務手数料はなんのためなのかなど事前に確認したほうがいいでしょう。
「弊社は飛行クラブとして運行しており、教官免許のある人がクラブ会員にいますのでその方が教えています。」
と言われた時も、教官免許と同時にその方が航空機使用事業を持っているか確認しましょう。
航空機を使用(装置含む)しての営利は許可が必要です。

自慢話をしてくる教官に注意を。

「自分は昔どこどこの機長だった」
「自分の時代は~~~」
などきりがありませんが、経験上教官でなくとも人として信用できないので、厳しくとも淡々と進めてくれる教官が一番です。

就職先は自分で見つけろ!!

航空会社への就職率99%以上!!
JALやANAに多数就職実績!!
それはパイロットとしてでしょうか?そのごはどうでしょうか?
各企業が宣伝戦略としてそのようなことを唄うのは悪くありませんし、経営として正しいと思います。
では何が間違っているのか。
それは訓練生です。
ここで免許取得して勉強すれば就職まで面倒見てもらえるなど甘い考えや、勘違いをしている訓練生が多く就職に失敗しています。
就職活動の基本はです!!

Randy Works.Co

クラウドファンディング

しばらく更新が滞っていました。

東京へ事務所を移転する予定でしたが、何かと所用が重なり現状のまま進めていくことになりました。

この度Camp Fireにてとあるプロジェクトを実行すべくクラウドファンディングを始めることとなりました。

まだ表に出していない計画のため公表は出来ませんが、これからパイロットや整備士を目指す若者のやる気スイッチになればと思いますので公表まで今しばらくお待ちください。

過信は禁物!!

かれこれ10年ほど前になりますが、カリフォルニアとメキシコの国境にある無人国際空港、カルキシコ国際空港へ飛行した際に着陸30分前まで何もなかった天気が急変して北から砂嵐が迫ってきたことがあります。

予報では5ノット程だったはずが、着陸寸前には25ノット近く吹いてきて、ゴアランするかどうか迷いましたが視界が遮られてきていたため着陸を強行!!

結果として無事に着陸は出来たものの、一瞬の判断が生死を分けます。

予報とあくまで先のことであり、絶対ではありませんし人間は肌や直感が何かを感じ取り危険を察知することもあります。

しかしいくら飛行時間が1000時間あろうとも100時間であろうとも、キャプテンアメリカであろうとも自然には勝てません。

まぁサノスなら勝つでしょうが。

事故の原因はほとんどがヒューマンファクターに起因していますが、その中に過信も含まれています。自信とは時として重要な事柄を判断したり決意するときに必要にはなりますが、安全にかかわることを決断するときはまた話が変わってきます。

いかなる時も冷静には鉄則ですが、いくら自信があろうと危険な行為は避けるべきであり、無理して英雄になる必要はありません。

Randy Works.Co

出張ウィーク

先週はほぼ一週間関東に出張をしていました。

ためている専門用語集の記事もアップしないといけませんが、久々の東京出張で気づいたことが・・・。

それは時間とお金の流れが地方に比べ遥かに合理的で速いです!!

日本の中心でもある東京は世界経済の中心でもあり、人種性別問わず多くの方々が活躍しています。

そんな東京でニューヨークキャラメルを土産に買いながらふと決意したのが・・・

7月より東京に事務所を構えることに決めました。パイロット留学のサポートをするうえで日本全国から人が集まり効率的に説明会を開くことを考えればこの決意は当然ではありますが、当面のスポンサー企業も見つかりましたので今後の展開もスムースにいくのではと考えています。

パイロット留学のサポートをするうえで他にないサービスや信頼性を構築するために経済の中心で活動を開始しますが、年内に2回ほど無料説明会を開催する予定ですので、パイロット留学したい方やアメリカで整備士資格取得したい、アメリカで航空機関連の仕事に携わりたい方はぜひお越しください。

Randy Works.Co

パイロットと整備士

パイロットが一番??

テレビの影響か何か分かりませんが、航空業界で断トツ一番人気はパイロットです。

多くのお客さんを運んだり、様々な地へ飛んでいけたりロマンに溢れた仕事であることに間違いはありませんし、多くの方が憧れたことでしょう。

しかしそこには航空機整備士の絶え間ない安全に対してのプロ意識があることを絶対に忘れてはいけません。

もちろん航空管制や運行管理もですが、整備士という職業は安全に直結し、人の命にも関わってきます。彼等彼女等は類稀な知識と技術で航空機の安全を担っています。

いま日本は深刻なパイロット不足に陥っていますが、それと同時に整備士もまったくもって足りていませんし、これからこの問題はもっと深刻になっていくことでしょう。

皆さんにはパイロットだけでなく整備士の世界も知ってほしいです。

Randy Works.Co

ライセンスを取得したなら。

皆さんがアメリカにパイロット留学し、ライセンスを取得後にPIC(Pilot in command:機長時間)をつけなければなりません。

これは日本の免許の書き換えの要件や、次のライセンスに向けた要件を満たすためにも必要ですが、せっかくアメリカにいるのであれば経験と他では味わえない体験をするためにも色々な所へクロスカントリーへ行き、日本では見れない景色や、ありあえない所の飛行場へ行ってみたりするのをお勧めします。

私が渡米後にはお勧め空港や飛行場をyoutubeにアップしていく予定です。

特に砂漠は魅力いっぱいです!!もちろん危険もいっぱいですが、それは同時に素晴らしい経験にもなります。

いかにしてフライトプランを組み立てるか、緊急時の着陸場所はどうするか、天気の急変などに備えていかに予報を読むかなど様々な知識や技術が試される重要なファクターです。

ただライセンスを取得して終わりにするのでなく、人より多く、そして違うことが比較的挑戦しやすいのがアメリカなどへのパイロット留学する魅力だと思います。

PICは多ければ多いほど何かと有利で自分自身の自信にも直結するので、遠慮せずドンドン飛びましょう!

土産話にもいいので是非楽しいクロスカントリーを経験してください。

Randy Works.Co