最新情報

更なるパイロット不足。

2037年パイロット不足が深刻に!!!???

2037年・・・まだまだ先のことかとお考えの方がほとんどでしょうが時の流れはほんとに一瞬です。世界的にみて2037年を目処に約800,000人規模でパイロットが不足すると言われています。今の時代いくら自動化やAI化が進んだとしてもパイロットの需要というのは常にあり、その時々の時代背景にあわせて必要とされる人数は変わっいき、必要とする国にも変化が起きてきます。
オートパイロットやその他の航法機器は進歩を続けていますが、最終的な判断はまだAIにはできないとの見解や、最終判断を機械的な「比較優位性」で決めるべきではないなどの道徳的観点からもパイロットが必要になってくることがよく分かります。

そんな変化に対応していくためにアメリカでのパイロット留学はライセンス取得に必要不可欠な選択肢とも言えます。航空会社はパイロットを養成するのに多額に資金を必要としますが今の時代一人一人に予算をかけれるほど余裕はなく、さらにリタイアする人が出ることを考えるとリスクは更に高くなります。
そんな中パイロット留学などで操縦免許を既に取得している人は航空会社からしてみればとても魅力的な人材に思えてくるのです。

今の空港はどこもこんな感じでしょうが、コロナが落ち着き海外への旅行や出張の需要が増えることにより航空業界は再び活気を取り戻すことでしょう。
しかしそんな需要に乗り遅れないようにするにはとにかく「早くから準備すること」です。もちろん年齢的な制限や金銭的な制約はあるかもしれませんが、今から出来ることはたくさんあります。
特に航空医療系はこれから更に需要が増えることが見込まれており今後更に活躍の場が広がると言われています。

パイロットは常に「先を見る」ことが大切です。これはプロパイロットやプライベートパイロット双方に言えることで「先を見る力」こそが航空業界で生き残るためのすべとも言えるでしょう。
アメリカでの訓練性は日々順調にフライトを重ねまもなくソロにも出れるとのこと!!今後が楽しみです!
こちらのリンクも参考にどうぞ!
アメリカ入国の注意点はこちらのリンクから。

株式会社FLIGHT TIME

関連記事一覧

航空留学のこと飛行機のことなんでもお気軽にお問い合わせください!

友だち追加

なんでもお気軽に!
まずはLINEから!

PAGE TOP