最新情報

重要なお知らせ

重要なお知らせ

今年の8月に予定していたカナダフライトスクール見学ツアーに関して、現地スタッフとぎりぎりまで協議した結果中止となりましたことご報告致します。
すでに申し込み希望者が数名いましたが、改めて日程を組むことで対応してまいります。
また元機長の話などもコロナウイルス蔓延によるリスク軽減のため延期をせざるえない状況となっております。

8月国内訓練実施について

既に入校済みで早くて今年内(来年の方も一部対象)にカナダへパイロット留学予定の方を対象に、2泊3日の国内訓練を実施します。これは空いている時間を可能な限り有効に使い、諸外国との往来が自由になった際に可及的速やかに国外での訓練を開始することを目的としており、国内にて航空力学基礎航空工学基礎航空管制基礎フライトシュミレーター訓練実機飛行訓練が含まれます。当日は経験豊富な飛行教官と整備教官がパイロット留学前に抑えておく重要箇所を分かりやすく解説いたします。
短期の合宿形式ですが、少人数で実施するため短期間で必要最低限の知識を身に付けることが可能で、以降はオンラインにて各分野の細部を勉強していきます。
なお国内訓練受付締め切りは8月7日までで残り2名となっています。
場所は熊本県熊本空港で実施されるため事前に宿泊場所の手配等が必要になりますが、空港との送迎はこちらで致します、詳細希望の方には日程等をお送り致しますので遠慮なくご連絡下さい。
また9月〜10月の間に第2段を実施いたしますので既に入校済みの方々で案内を受けてない方は順次ご案内差し上げます。

当日は一人ひとりの個性に合わせた訓練も提案させていただくため、自身のない方や不安のある方でも教官が親身にカウンセリングを致しますので安心して下さい。

カナダフライトスクール現状

今現在カナダでは諸外国からの入国に制限がかかっており、日本もその対象となっています。入国が再開しても14日間の自主隔離義務や自主隔離計画の提出が求められ、違反した場合最大で$75万(日本円で7000万円)ほどの罰金もしくは6ヶ月以内の禁固刑に処されます。
しかしこれは明らかな違反悪質性がある場合であり、基本的に空港での申告やカナダ政府指定の受け入れ施設での隔離も可能とのことです。また現地のスタッフも対応するためご安心下さい。
フライトスクールに関しては感染予防を徹底しながら再開をしており、日本からの訓練生の受け入れを心待ちにしているのが現状です。
現地教官いわく「近い将来かならずパイロットの需要は増加してくる。だからこそ今ただただ待ち構えるのではなく積極的に行動して、今のうちに少しでも日本で訓練を進めておいてほしい」とのことでした。特にパイロット留学前の英語に関して弊社提供のオンライン英語レッスンを高く評価しており、パイロット留学前は必ず受けてくることを勧めていました。

最後に

今後のパイロット留学に関しての訓練定義を「国内事前訓練」「海外訓練」の2つに分けて実施していきます。入校者は無償で国内訓練を受けることが可能です。
またテキストに関してもこちらで揃えます。
国内訓練終了後はオンラインで座学を受けることが可能なため都合の良い時間帯で勉強が可能です。
何か質問があれば遠慮なくお問い合わせ下さい。

関連記事一覧

航空留学のこと飛行機のことなんでもお気軽にお問い合わせください!

友だち追加

なんでもお気軽に!
まずはLINEから!

PAGE TOP