航空業界ではよく聞くトラフィックパターンですが、今回はパターンの話ではなくトラフィックパターンを用いてTouch&Goなど各種訓練を行う際に使われる用語をいくつか紹介します。

1.Straight out deprature to~~~~

離陸後進路を変えずに管制エリアを抜けるときに使います。

2.Left or Right turn departure to~~~

離陸後左もしくは右に進路を変更して管制エリアを抜けるときに使います。

3.Left or Right down wind departure to~~~

一度down windに入ってから管制エリアを抜けるときに使います。

4.Left closed trrafic

左周りのパターンでTouch&Goなどをするときに用います。

5.Clear to the option

ご自由に!!

アメリカでトラフィックがそれほど混んでいない空港などでclera to the optionと言われたらフルストップでもタッチ&ゴーでも好きなのを選んでいいですよ。の意味になります。

私もタッチ&ゴーの訓練をする際などは初めに

Request left closed trrafic, touch & go Rwy26を予め言うと、Clear to the option Rwy26ともらえます。

しかしこれはleftの場合で、もしパターンを変えてRightにしたいときやエリアから抜けるときは再度リクエストします。

例えば

After left closed trrafic touch&Go,straight out departure to San Diegoなどのように変更の意思を伝えましょう。

Randy Works.Co