航空専門用語

ATC

飛行機の世界には様々な専門用語がありますが、可能な限り日替わりで解説をしていきます。

今回は、航空交通管制=ATCです。

Asia and pacific trade centerの略ではなく、Air Trrafic Controlの略です。

管制官はパイロットの目となり耳にもなり、パイロットはそれらの情報を処理しながら飛行しなければなりません。

解説の前にまず重要なのは、航空管制における交信は明瞭、簡潔にが原則です。

ネオン街を歩くと明瞭会計などとありますが、あれを信じてはいけません!

が、航空管制官の指示には従いましょう。

要は無線機という機器を使う中で長々と話すわけにはいかないので、文法どうのより、誰が何をどうしたいかをはっきり伝えましょう。

例:1 スポットから滑走路へ行きたいとき。

パイロット:Chino ground, cessna 555v @ north hangar, request taxi to 26R with information B.

管制塔:Cessna 555v, Chino ground clear taxi to 26R.

ここに通常はどのルートで、どこに注意してくれなど入ることがありますが基本は上記です。

大切なのは、自分がどこにいて、どこに行きたい、それにかかわる情報を持ってるかどうか。

https://www.youtube.com/watch?v=cO2r5ko7XIo

こちらのチャンネルを一度見て下さい↑

Randy Works.Co

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA