Q&Aコーナー

パイロット留学Q&Aコーナー

パイロット留学に関し、これまでに頂いた質問やお問合せについて紹介していきます。
新しい質問がくる毎に更新していきます

Q.女性ですがパイロットになれますか。
A.なれます。パイロットだけでなく、整備士や航空管制官も性別関係なくなれます。

Q.年齢は関係ないと書いてますが本当でしょうか。
A.はい。関係ありません。17歳以上であれば受験資格があります。滑空機は16歳以上です。過去に65歳の方や40歳後半で取得されている方は多いです。

Q.英語が全くできません。
A.パイロットになるうえで英語は必須ですが、100%を求めてはいません。最低限の読み書きや会話能力で、現地で勉強しながら比較的早く慣れてきます。希望であれば弊社で英語レッスンをオンラインで受けることが可能です。

Q.予算内で取得は可能でしょうか。
A.こればかりは難しいです。予算の額にもよりますが、どのライセンスをいつまでに取得するのか、目標としているところは何かなどによって変わるため一概には言えません。ご要望の予算に応じてカリキュラムを作成し、それに合わせた訓練をしていくことは可能です。

Q.高校卒業後に航空留学を考えていますが、大学とフライトスクールはどちらが安いでしょうか。
A.大学の規模や内容によってかわりますが、卒業後アメリカの大学にすぐには入学できません。ほとんどの場合、語学学校で半年ほど英語を勉強し推薦か転校で入学することを進められます。よって語学学校のお金や滞在費、大学入学後の学費、滞在費を考えれば想像はつくと思いますが、フライトスクール直のほうが遥かに費用を抑えることが出来ます。

Q.ビザは必要ですか。*アメリカ
A.厳密には必要ですが、今現在の法律でパイロットライセンス取得はビザなしでも可能となっております。詳細は専門家でないので回答は控えますが、ESTA入国で大丈夫です。しかし語学学校にも通って英語を勉強したいとなるとF-1ビザ(学生ビザ)が必要になります。

Q.滞在先で買い物はどうしたらいいでしょうか。
A.定期的にフライトスクール教官もしくは弊社スタッフが買い物には連れていきます。どうしても行きたいお店がある場合は事前に言えば対応してくれます。また経験も兼ねてレンタカーの手配を勧めます。

Q.女性です。部屋は男性も同じでしょうか。
A.勿論いいえです。そんな昭和の合宿みたいなのはしてません。鍵付きの個室を用意できます。また別の離れたエリアでのルームシェアもご用意できます。

Q.費用は前払いでしょうか。
A.その都度状況によりけりです。基本的に予定額の半分は先払いです。

Q.ローンは組めますか。
A.分割は可能です。そのかわり弊社独自の審査と連帯保証人が必要となり法定内の金利は必要となります。*弊社弁護士が間に入り契約書を作成。

Q.パイロット留学中にアルバイトをしたいです。
A.ばれると二度と入国できなくなります。アメリカは他国の人に自国民の仕事を奪われたくないと考えています。安易な気持ちでアルバイトなどをしないように。また国によっては認められることもありますが、安易な気持ちで働いてはいけません。

Q.自家用免許は最短でどのくらいですか。
A.2か月と考えて下さい。個人差によるものが大きいので一概には言えませんがスムースに行けば2か月程です。

Q .アメリカといえばいつも肉料理という感じですが、食事はいつも肉類でしょうか。
A .基本的に日本食です。要望に応じて作ることも時に可能です。

Q .航空留学の際日本で準備していくものはありますか。
A .原則弊社で取り揃え、申請準備をしておきます。ノートパソコンはできれば持参願います。着替えや現金、カード類、パスポートは勿論ご自分でご準備下さい。

Q .視力が眼鏡をかけて0.8しかありませんが大丈夫でしょうか。
A .採用試験や各航空会社の条件で異なりますが矯正視力(眼鏡・コンタクト)で0.7以上となっているとこもあります。自家用と事業用でも異なります。なおアメリカ(FAA基準)は日本で言うとこの0.5か0.6が基準となっています。

Q .航空管制などのやり取りで必要になる英語力はどれくらいですか。
A .英検3級レベルあれば大丈夫でしょう。もっと上を目指すなら話は別ですが基本的なことを押さえるなら3級レベルを勉強すれば対応できます。

Q .申し込みは渡米どれくらい前からが理想ですか。
A .人によってまちまちで、すぐ行ける方はいつでも申し込みできますが半年先や1年先の予定でも早めに動いたほうが後々楽です。

Q.入校に際して試験はありますか。
A.いいえ。入学試験等はありません。しかし一部のフライトスクールでは弊社のオンライン英語レッスンを受けた証明書が必要になる場合があります。

Q.年齢制限はありますか。
A.16歳以上から入校、渡米訓練可能です。*親の承諾及び連帯保証人が必要。

Q.見積もり額から上がることはありますか。
A.はい。見積もり額はあくまでその人の年齢や経験を考慮して平均的に算出しているため追加の訓練や飛行時間が増えれば追加請求となります。しかしそうなる前に事前にお伝えするため訓練の進め方を変更したりすることが出来ます。気付いたら追加で200万請求だなんてことはありません。

Q.若干色弱ですがパイロットにはなれますか。
A.もし航空身体検査で色弱と判断されても医師の判断で「操縦業務に支障なし」と判断されれば問題ありません。その際D-15という追加検査を受けることとなります。

Q.訓練しているうちにいつのまにか説明のない料金が加算されていて終了後の何百万とかの請求はきませんか。
A.きません。勿論追加訓練や希望の訓練をした際は別途請求ですが、予算が足りそうにない場合は早い段階でお伝えして訓練内容などの補正をかけます。ですのでお伝えした項目外の費用がいつのまにか掛かっていることはありません。

Q.今現在コロナウイルスで制限がありますが諸外国はどうでしょうか。
A.各国で規制内容は違いますが2週間の隔離などの措置をとられる場合はその規制が緩和されてからの渡航をオススメします。また現地スタッフと毎日情報交換をしていますので新しい情報はその都度お知らせ致します。それらの情報はLINEにて配信しております。

友だち追加
LINEによる個別相談も受付中☆

まだまだ質問お受付しております。
過去の質問も併せて徐々に増やしてまいります。
お気軽にお問合せ下さい。


航空留学のこと飛行機のことなんでもお気軽にお問い合わせください!

友だち追加

なんでもお気軽に!
まずはLINEから!

PAGE TOP